もしも幸福が見えるとしたら

それはこんな景色の事じゃないかな

Hey!Say!JUMPのみなさんへ

 

改めて、10周年おめでとうございます。

 

ずっと10周年っぽいブログを書きたいと思っていたのですが、なかなか何を書いたらいいか分からず更新をサボっていました……。

 

今回のブログは今まで以上に自己満で支離滅裂ですが、お許しください……。

 

 

 

Hey!Say!JUMPといっしょに歩んで来た10年、わたしは幸せだった。

 

 

もちろん、タイミングよく山田くんを知ることができて、10年間応援できていることも幸せだし、10周年をお祝いできていることも幸せだけど、それまでの年月がじゃんぷからもらった幸せで溢れていたなと振り返ってみて胸を張って言える。

 

 

ここからはじゃんぷと歩んだわたしの10年について、高校時代からは現場の記憶も割とあるので交えながら書いていく。

 

 

 

 

じゃんぷがデビューした時、わたしは11歳で小学生だった。

 

 

初めて応援したジャニーズだったので、デビューする!ということがどんなことか分かっていなくて(笑)

だいすきな山田くんをテレビでたくさん見られるようになるんだー!くらいにしか思っていなかった。

 

小学生だったので、デビュー発表の場に居合わることができたわけではなく家のテレビで呑気にHEY×3を見て喜んでいた。

だからこそ、その場にいたYa-Ya-yahファンや、J.J.Expressファンの当時の気持ちを綴ったブログを読んで、Hey!Say!JUMPのデビューで苦しい思いをした人が多くいることにやっと最近気づいたし、自分の幼さを悔やんだ。

 

センターが裕翔くんから山田くんに変わったのもたくさん映るから嬉しいなー!くらいにしか思っていなくて、裕翔くんの葛藤や、それによるやまゆとの軋轢も考えていなかった。

 

それくらいに、わたしは山田くんのことしか考えていなくて、デビューも嬉しい!センターになったのも嬉しい!しか感じないお花畑小学生だった。

 

 

 

そのお花畑小学生も中学生になり、待ち望んだファーストアルバムを誕生日プレゼントとして買ってもらったり、お小遣いを握りしめて自転車で雑誌を買いに走ったり、同担に初めて出会ったりする中学生らしいヲタクライフを送っていた。

 

 

そんな中学生のころ、わたしは今でも忘れられないひとことを同級生の男子から言われることになる。

 

心のノート(懐かしすぎる)の自分のことについて書くページを埋める道徳の授業があった。

その項目の 尊敬する人 の欄にわたしははずかしげもなく書いたのである。

そう、山田涼介 と。

 

(そこに書いたわたしもわたしだ。

今でも尊敬はしているけど、きっと違う人の名前を書くと思う(笑))

 

その 山田涼介 という文字を見た近くの席の男子が言った。

 

「お前、まだHey!Say!JUMPなんか好きなの??(笑)人気もないし、全然売れてねーじゃん(笑)」

 

(今考えると、山田涼介=Hey!Say!JUMPって名前が出てくるのってすごいな(笑)とか冷静にツッコミできるし、Hey!Say!JUMP知ってるの嬉しいってなるけど(笑))

 

当時のわたしはひどく傷ついた。

ちょうど2011年ごろで、メンバーの脱退などもあり、敏感になっていた時期だった。

その男子のことが一瞬で嫌いになった(単純)

 

 

そんな苦い思い出のある中学時代を経て、わたしは高校に進学した。

 

この高校時代、他Gではあるが大切なヲタ友に出会うことになる。

毎日、朝昼放課後とジャニーズの話題で盛り上がり、高校を無事卒業できたのは彼女たちのお陰だとも思う。

 

そんな楽しいヲタクライフを送って、ジャニヲタ最高〜〜!!とキラキラしていた高校生のわたしはツイッターで仲良くなった有岡担と参戦するようになって、よりHey!Say!JUMPにのめり込んで行った。

 

それまで、相葉担の叔母と裕翔担の従姉妹と身内で参戦していたので、初めて友達と思い切り騒ぐ楽しさを知った。

 

そんな中、2013年の矢印魂(全国へJUMPツアー2013)では 山田くんの誕生日が祝える〜♡って喜んでたのに、スーパージャンピングシートの衝撃とか布で覆われた埋まらない座席とか、それまでずっとお花畑だったわたしにも感じられるほどの危機感があった。

 

中学時代に言われたあの忌々しい()ひとこと、人気がないってことを突きつけられた感じがした。

 

このとき、今みたいな大学生だったら多ステしまくって少しでも席を埋めようとしてたと思うし、それができたらどんなに幸せだったかとも思う。

でも、バイト禁止の貧乏高校生にはどうにもできなくてすごく歯痒かった。

自分はじゃんぷのことを支えてあげたいけど、今の自分じゃ全然力になれてないなって考えると、すごく申し訳なさを感じた。

 

 

高3の春、with魂(LIVE with me in TOKYO DOME)に参戦したとき、初のアルバムを引っ提げてのツアーが発表された。

一緒に参戦していた有岡担の友人と一度は喜んだものの、ツアー日程は当時受験生だったわたしにはきついものがあって諦めることになったのである。

 

 

そして、そのまま無事大学に進学したわたしは、受験期から少しじゃんぷから離れていた。というより、現場を離れていた。

地元を離れて大学に来たので、いつも一緒に参戦していた有岡担の友達や従姉妹ともなかなか会えず、1人参戦を考えられなかったわたしは現場とは離れて茶の間で応援していた。

 

 

そういう訳で、高3のときのsmart魂、大1のときのcar魂(JUMPing CARnival)には参戦していなかったが、全わたしの中で伝説と囁かれているcar魂のDVDを見たとき、「あれ??わたしなんでこれ見に行ってないんだ??なんで行かなかったんだ??」と思った。

 

あのDVDを見たときの衝撃と後悔を胸に、わたしは新たなるヲタ友探しを始めたのである。

 

それは別の記事に書いてあるのでよろしければ是非……(宣伝)

友人をJUMP沼に引きずり込んだ話 - もしも幸福が見えるとしたら

 

 

そんなこんなで無事(?)ヲタ友を作り出しして、2年ぶりにじゃんぷに会うことになった。

 

2016年11月3日、日本ガイシホール

 

会場には空席なんて見当たらなかった。

 

じゃんぷがすごくキラキラしていた。

 

こんなにダンス綺麗だったっけ?こんなにトークがきちんとできていたっけ?こんなに堂々としてたっけ?こんなに頼もしかったっけ?

 

わたしが久しぶり見るじゃんぷは、数年前より多くのファンに囲まれ、数年前よりダンスが揃っていて、数年前よりすごく大きなグループになっていた。

 

少しじゃんぷから離れていたけど、

ああ、わたしの居場所はいつまでたってもココなんだろうなあ。きっとどんなことがあっても、いつになってもHey!Say!JUMPがすきだなあ。

と、ぼんやりと思った。

 

じゃんぷが在り続ける限り、わたしはきっとここに戻ってくるんだろうと思った。(別に他のところに行ってた訳ではないけど(笑))

 

 

それからわたしはもう一度じゃんぷにのめり込んでいった。

 

去年は強かった自名義と、優しい友達のおかげで2016年のおわりをじゃんぷで締めくくることができ、2017年、10周年のはじまりをじゃんぷとお祝いすることもできた。

 

 

 

そして2017年。

 

記念すべき10周年だ。

 

後悔しないように、たくさんたくさんお祝いしようと決めて過ごした。

 

 

アリーナツアーでのH.our Timeは何回聴いても泣いてしまった。

 

毎回途中まではなんとか我慢するんだけど、有岡くんのパートを聞くともうダメ(笑)

『悔しくて見返したくて きっとこんなはずじゃないって』っていうところは、例の中学時代のあの男子が言ったひとことを思い出して、目のダムが決壊した。

 

 

「お前、まだHey!Say!JUMPなんか好きなの??(笑)人気もないし、全然売れてねーじゃん(笑)」

 

あの時、わたしはすごく悔しかった。

こんなに魅力的なのに。なんで認められないんだろう。

数年後は個人がいろんな場所で認められて、人気グループになってるから見てろよ!!

そのひとことを訂正させてやるからな!!と本気で思っていた。

 

悔しい。見返したい。きっとこんなはずじゃない。

ちっぽけなファンであるわたしですら思っていたことだ。

 

本人たちはもっともっと悔しいと感じていて、もっともっと不安で、それでもきっと大丈夫って言い聞かせてここまで来たんだと思うと、涙が止まらなかった。

 

そして、いつもその太陽みたいな笑顔でじゃんぷを、ファンを笑顔にしてくれた有岡くんが歌うことで余計に涙が止まらなかった。

 

 

 

ツアー初日も、山田くんの涙を見た時には嗚咽しながら泣いてしまって、おかげで山田くんのかわいい泣き顔が見られなかった。

 

 

 

最後の挨拶で、みんなが口々に言ってくれた ありがとう という言葉。

 

わたしからすれば、こっちこそ ありがとう って感じだ。

 

Hey!Say!JUMPのファンじゃなかったら見られないような景色、Hey!Say!JUMPのファンじゃなかったら生まれなかった感情、Hey!Say!JUMPのファンじゃなかったら出会えなかった人たち、Hey!Say!JUMPのファンじゃなかったら頑張れなかったことがたくさんある。

 

Hey!Say!JUMPに出会えてなかったらわたしはどんなふうに生きていたのか、どんな毎日を過ごしていたのか。

生活がすべてHey!Say!JUMPで回っている今とは全く違う、刺激のない日々なんじゃないかと思う。

 

 

 

Jr.時代のグループからHey!Say!JUMPでデビューするって言われたとき、ここでやっていこうと決断してくれて ありがとう

 

年下の子たちが多いとはいえ、高校生だったのにグループの成長のために自ら嫌われ役を買って出てくれて ありがとう

 

自分の武器となるものをたくさん身につけて、Hey!Say!JUMPの人気の火付け役となってくれて ありがとう

 

いろいろなキャラに変身してバラエティーを盛り上げてくれたり、メンバーひとりひとりのことを認めて素直に褒めてくれて ありがとう。

 

BESTと7の橋渡しとして、その素敵な笑顔で、グループだけじゃなくてファンまで笑顔にしてくれて ありがとう。

 

努力して自分のポジションを見つけて、バラエティーも全力で取り組んで、本当に素敵な曲を作ってくれて ありがとう

 

たくさん苦しい思いをしたはずなのにライバルとして認めてくれて、じゃんぷをいつもパワフルなグループにしてくれて ありがとう

 

頼りにされてる分、プレッシャーも大きいはずなのにそれに応えてくれて、メンバーの心の拠り所になってくれて ありがとう

 

 

ソロデビューのプレッシャー、センターのプレッシャー、じゃんぷ内でのポジションに戸惑う日々、すごく悩みながらもこの10年歩んで来てくれて ありがとう。 

じゃんぷを大きくするために決断してくれて ありがとう
そんなにつらかったのに、必死にもがきながらも先頭を行ってくれて ありがとう

そして、今の大きくなったじゃんぷを見せてくれて ありがとう

信じていいのか迷った時には欲しい言葉をくれて ありがとう。

ファンをすごく大切に想ってくれて ありがとう

 

 

そして……

 

10年間、たくさんの幸せをくれてありがとう!!!!

 

10年間、Hey!Say!JUMPを好きでいさせてくれて ありがとう!!!!

 

 

11年目も、12年目も、20年目も、30年目も、どんどんおばちゃんになるし、20年目なんて三十路だけど、いつまでも応援させてください。

 

 

Hey!Say!JUMPがもっと大きく飛躍して、もっともっと素敵な景色が見られることを楽しみにしています。

 

 

2017年11月14日  りいこより

 

  感想等、もしよろしければコメントorこちらSarahah - り い こまで。。

f:id:sugar83honey:20171115160422j:image 

 

 

p.s. 例の男子とは成人式で再開し、この話をしたら覚えていないということでした(笑)

でも、「みんなイケメンだし、よくテレビで見る!」と褒めてもらって、裕翔くんが好きだと言っていました(笑)

 

 

💒⏳I/O in Wakayama🐼🍊

 

インスタの文字数をオーバーしたのでとりあえず はてブに書きます!!ってことで他のブログと書き方が違うことはお許しください🙇🏼🙇🏼

 

 


実習が終わってやっと1ヶ月ぶりに しあわせな時間が。。😻❤️❤️

 


#0930


とりあえずホテルに荷物を置きに行って、かわいいお洋服に着替えようと思ったら「お部屋使っていただいて大丈夫ですよ😊」の一言が……!!

ラッキーな出来事ひとつめでした!

 


宮前駅から会場まで少し歩くとクジラ🐳が見えてきた〜〜!

ラジオか何かで誰かがクジラ型って言ってたけど何だったっけ?💭とか思い出しながら(笑)

 


財力がなくて、やぶんぶん ゆうやせーばぁ けいとる は買えなかったけど、ぷぅも買い足すことができて、ずっと買うか悩んでたパンフもついに購入🌟

 


この日は天気がすごく良くて、ぷぅとビッグホエールがいい感じに撮れた〜〜かわいい〜〜🙊📸

 


この日の席はアリーナ予想やったけど、いざ発券するとスタンド……

 

まあでも和歌山やし狭いし1番後ろからでも近いやろ😽!ってめっちゃポジティブになってレシートよく見たら【2列】の文字が。。。

しかも入ってみるとバクステ目の前。。。

福井の5列目でも十分近くてもうこんな近いことないな〜😹(笑)って幸せを噛み締めてたのに、それよりも圧倒的に近くて始まる前からテンションが高すぎた。。。💭💕

 

 


始まってからは、1ヶ月ぶりのじゃんぷちゃんたち、0924から初めてのじゃんぷちゃんたち、やっぱり素敵でした🌟

 


バクステに来るときは特に、やまちぁと0ズレたくさんあって、目線も。。😭😭😭

 


何回見ても水太鼓は目が離せないし、I/Oは天才的すぎて息するのを忘れるかっこよさ😰❤️


アワタイはもうそろそろ慣れたし泣かんやろって思ってたけど、実習中どんなに辛いことがあっても夜帰ってきてじゃんぷの歌聞いてその日初めて笑顔になれたことを思い出したり、そういうふうに今まで何回もじゃんぷに支えられてきたなって思ったりしてたら涙が溢れてきて止まらなくなった😭😭


あの歌ほんとうに何回聞いても泣くんじゃないかと思う(笑)

 


あと、アンコのスタトロ、バクステ側だけ機材とかあって高速でトロッコ行ってまうし、機材で顔が見えんし、一生恨む(笑)けどそんなこと吹っ飛ぶくらい楽しくて楽しすぎた!!!😊😊😊

 

 


帰り道は余韻に浸りながら歩いてたら、「Hey!Say!JUMP和歌山公演チケット提示でドリンク一杯無料!」って書いてあるお店を見つけて美味しいお魚と蜜柑酒で乾杯できて、ラッキーな出来事2つ目✌🏻💕

 

 


そしてホテルまで戻ったんだけど、このホテルがどうやら他のホテルと違くて……


玄関?開けるともう一つ入り口のドアがあって、部屋がめちゃくちゃ広くて、カラオケが付いてて、極め付けはお風呂がガラス張りwwww

どうやらラブホをリフォームしたようなホテルでした🏩(笑)


でも、カラオケが部屋についてるのは最高で、余韻に浸っているうちにじゃんぷの曲歌いまくって、疲れたので寝ました🎤😴(笑)

 

 


#1001


チェックアウトは11時と遅くて、ゆっくり起きてガラス張りのお風呂に入りました(笑)

 


とりあえず2日目のホテルに荷物を置きに行ったら、結婚式をやっていてすごく綺麗なホテル!!

しかもセミダブルの部屋を予約してたのに、「ツインルームに空きが出たからそっちに変更しますね😊」とのことで……!

ラッキーな出来事3つ目でした🙋🏼

 

 

お昼は和歌山ラーメンを食べたんだけど、すごく美味しかった🍜
和歌山は観光地が海の方だったから遠くて行けなかったけど、名物は食べることができて満足でした🌟

 

 


1日はスタンド予想席だったんだけど、昨日は予想が外れたし、ツイッターでは管理番号が逆なんじゃなくてランダムだって言ってる人もいたから、

一応可愛くしていきたいなってことで新しく可愛いワンピースを買いました🐶❤️

 


そして、おばちゃんだからライブのときしかプリクラとか撮らないんだけど、めちゃくちゃ久しぶり撮ったら怖いほど目がでかくなったんだけど。。😰💦

 

もちろん下段の方の盛れ具合にはかないませんけども(笑)
※写真はイメージです って感じ(笑)

 

 


和歌山駅からの歩きはキツイということでタクシー並んでたんだけど、後ろのお姉さんに声をかけて乗り合わせすることに。。🚕
いろいろお話しして、タクシーを降りてお金を渡したら「お金はいらないよ😊」とのことで、全くそういうつもりじゃなかったからお金は渡そうとしたんだけど、お姉さんの優しさに甘えさせてもらいました😹素敵な方だったなあ。。!

 

 


座席予想は外れてるし、せっかく可愛いワンピースも着てる!けど私の席運はとことん悪いので、全く期待せずに会場入りしました✊🏻

 


発券して、チラッと見ると【8列】の文字が……。


(ですよね〜〜!せっかく狭い会場なのにほんと運ないなあ〜〜!!(笑)でも8列目でも全然近いよ!!昨日が凄すぎたんだ!!)って思ってたら友達がビックリした顔を😳

 


不思議に思ってもう一回レシート見ると【アリーナ】の文字。。。😨😨😨❤️❤️

信じられないまま、迷いながら席を探すと、メンステから8列目の席でした

 

それも信じられないまま席に着くと、私の席の真横はアリトロ通路

しかもVampireで やまちぁが通る。。。

 

もう何が何だか分からないまま、じゃんぷが登場🤦🏼‍♀️🤦🏼‍♀️

 

 

 

今までは双眼鏡が手放せなくて、ここは双眼鏡で自担を見て、ここは肉眼で全体を見て、ここはモニターに自担が映るっていう目の使い分けをしてたけど、

この日はすぐそこにいるし双眼鏡は使わなくても見える………っていう現実にぶっ倒れそうでした

 

 

 

ずっと興奮しっぱなしで記憶が曖昧なところもあるんだけど、近くで見られてよかったと思ったことがいくつか!

 

まず、Sweet Lairのポップアップ😨❤️

ほんとうにかっこよくて、声にならなくて、「ヒィッッ………(>_<)」っていう声が出た(笑)

 

そして、ギミラのあと下に下がっていく姿の綺麗さも、ああやって捌けるのはこの日初めて知った😳

 

 

アリトロのときは本当に見上げるとすぐそこにじゃんぷがいるんだよ……みんなの汗まではっきり見えて、このまま時間が止まればいいのにって思ったり😞💭

 

やまちぁはほんとうに綺麗で、しかもアリトロは彼自身が推してるVampireで、1番かっこよく見えたよ😢😢❤️すき😢😢❤️❤️

 

 

そしてなにより、アンコのカモナ😽🌟

いつも外周でありやますれ違うとき、何も絡みがなくてすごく残念やったけど、今回は違った!!!以下、自分用のメモです(笑)

 

①やま🐶が だいき🐵の髪の毛を片手でわしゃわしゃする

②🐵が🐶の髪の毛を両手でわしゃわしゃして仕返しする♡(🐵は両手でやってて🐶がタジタジになっててかわいい)

③🐶は🐵の髪の毛をもう一回わしゃわしゃしようとするけどかわされる(🐵のお兄ちゃん感♡)

④2人とも大爆笑で完全に2人だけの世界だったのに、🐶がカメラに抜かれてることにやっと気づく

⑤🐶が髪の毛を一生懸命直しながら2人でニコニコしながらセンステに向かう

 

あ〜〜!!!とってもよかった😻❤️

ありやま最強だ〜〜!!特に今回は、だいきのお兄ちゃんみが最高すぎた〜〜!!

しかもこれが目の前で行われてて、しあわせの中のしあわせだった😢❤️❤️

 

 

他にも、「夢で会いましょう♡」って ふにゃって笑って照れながら言うやまちぁかわいすぎたし、MCでスイライの足グルグルするやつBESTもやってくれたし、スタタイで ゆやゆとと背比べしてる姿が愛おしかった😢😢😢

 

 

とにかく近くてしあわせだった1日だったということです🙊💭🌟

 

 

 

 

長くなってしまったけど、2日ともこんなに近くで じゃんぷを感じられて、しあわせだったし、次のドームでも会えるように今自分がやるべきことを一生懸命がんばろう✊🏻❤️

 

 

わたしがHey!Say!JUMPを好きな理由もはっきりわかったし、これからも好きだとはっきり感じた和歌山公演でした😹💕

 

 

 

10周年ツアーに向けて期待すること

 

 

本当は前記事にも書いた通り書きたいこともたくさんあるし、私がHey!Say!JUMPの10周年ツアーを作るとしたらどんな構成にするかセトリにするかグッズにするかという完全妄想な記事も書きたかったのだが、今のこの気持ちを素直に記録しておきたかったので急遽書くことにした。

 

 

私は現在実家からかなり離れた場所でひとり暮らしをしている。その際昔のグッズなどは実家に置いてきたが、せっかくなので10周年ツアーに昔のうちわを持って参戦したいと思い、先日実家から大量のうちわを送ってもらった。

 

デビュー当時のものからDEAR.までのうちわを並べて昔の曲を流しながらボーっと眺めていたら涙が流れてきた。(重たい)

 

小さな体で一生懸命踊っている山田くんに一目惚れして今までずっと応援してきた私は、会場が埋まらなくても、1年に1枚しかCDが出せなくても、メンバーが減っても、ガムシャラに全力で今できる最大限以上のことをしようと頑張っているじゃんぷがだいすきだ。

それはじゃんぷの頑張りがいつか報われるように応援したい、私が応援しないと!と思えていたからである。

 

ここ最近はありがたいことに山田くん以外の個人の活動が増えてきてひとりひとりの知名度も上がり、じゃんぷも人気グループと言われるようになった。

 

しかし、その一方で昔(といっても5、6年前)にツイッターなどで仲良くしていたお友だちはほとんどと言っていいほど担降り又はヲタ卒している。

たまにわたしも自分1人が担降りしたところで今のじゃんぷにとっては痛くもかゆくもないんだろうなと考えることはあるが、(1ミクロンも担降りするつもりはない笑)実際に多くの古株が担降り又はヲタ卒しているのを身をもって感じている。

 

理由は就職や受験など様々ではあるが、あるJr.に担降り(?)した山田担の子に何気なく「次のツアーで会おうよ〜!」と言うと、Jr.の現場と被っているからそっちを優先すると言っていた。彼女曰く、「Jr.のほうがキラッキラして輝いて見える!」ということだった。

その時はそのまま聞き流していたが、輝いて見えるというのは自担を応援するのにはとても重要なことだろう。

 

 

彼女の話も踏まえて考えたことは

私は今の 人気グループになったじゃんぷがとても好きである ということだ。

 

メディア露出も増えてメンバーのそれぞれの活躍がたくさん見られ、リア友にじゃんぷの話をしても名前がわかってもらえる、応援してきた身としてこんなにも嬉しいことはない。

それは彼らが並大抵ではない努力をしたからである。それはまぎれもない事実だ。事務所が推したからといって実力が伴わないのでは話にならない。

つまり、今のじゃんぷは、ガムシャラに頑張ったことの結果だ。その結果としての今のじゃんぷがとても好きだ。

 

 

それと同時に

ガムシャラに努力している彼らを私が応援しなくなったらじゃんぷはいなくなってしまうかもしれないという、キラキラの中にもどこか儚さのある昔のじゃんぷがとてもとても好きだった

コンサートで「離れていかないで」と言っていた脆くて壊れてしまいそうな彼らが好きだった

 

それは自分が必要とされていたからなのかもしれない。私も私がじゃんぷを支えなきゃと本気で思っていたし、じゃんぷもきっと私を含めたファンのことを心から必要としていた。

 

今もコンサートではファンの皆さんがいるから僕たちがいるというようなことを毎回言ってくれる。

そして「離れていかないで」ではなく「これからもついてきてください」と言うようになった。

 

自分たちが置いていかれることを恐れていた彼らが、今はファンの前を行き、置いていってしまうことを恐れている。

本当に大きくなったなあと思う。

そして大きくなったことによって見える世界も大きく変わった。24hTV、27hTV、レギュラー番組、単独カウコンなど、大きくなったじゃんぷのおかげで見たことのない世界がたくさん見られている。

これからももっと大きくなっていくじゃんぷと一緒にいろんな新しい世界が見たい。

 

 

やっと本題に戻るが、わたしが10周年で彼らに忘れないでいてもらいたいのは、今いるファンがすべてではなく、じゃんぷがここまで来るのに応援してくれてた人はもっともっと沢山いるということである。

そしてファンはみんな平等でも構わないが、なかなか伸びなかった時期もずっと支え続けた人がいるということを頭の片隅にでも置いておいてもらいたい。

 

10周年ツアーに向けて期待するのは楽しませて欲しいのはもちろん、感動できるものにしてほしい。

うちわの件で流した涙は、自分でも何の涙かは分からない。昔のじゃんぷが好きだったなあ、でももう戻れないなあという涙だったかもしれない。

そうではなくて、10年という長い時間の中で、つらいことも楽しいこともじゃんぷとファンで共有してここまで来たんだなあ、でもこんなに立派なグループになって応援してきて本当によかったなあと号泣したい。

あわよくばじゃんぷにも泣いてほしい(笑)

 

 

話があっちこっちに飛び、同じことを何度も書いたり、書かなくてもいいことまで書いたりしてしまったが言いたいことの8割くらいは書けて満足だ(^_^)

そのうちの2割くらいが伝われば幸いだ。

 

 

 

あ、やっぱり彼らの中身は変わってない、いつも通りとっ散らかったじゃんぷならなんでも好きだよ。。(フラゲしたPrecious Girlのメイキングを見ながら)

 

f:id:sugar83honey:20170704223846j:image

 

 

 

友人をJUMP沼に引きずり込んだ話

 

 

今回は前記事に登場した友人について書いていこう思う。

 

が、その前に遅ればせながら私についても書いておきたい。

 

 

名前は、りょうすけの「り」、いちごの「い」、本名の一文字「こ」をとって りいこ。

めちゃくちゃ中学生感があって痛いが、実際に中学生のときから使っているので大目に見て欲しい。

 

絶対エースとの出会いは、2005年10月28日()。

母が見ていたドラマでかっこいいな〜と思っていた人たちがミュージックステーションに出ていた。

そのかっこいい人たちとは、「修二と彰」。

そしてちょいちょい映っている後ろの子たちを、「みんなわたし(当時9歳)とそんなに変わらないのにテレビで踊ってすごいな〜」と思いながら見ていた。

 

そのとき9歳ながらに一目惚れしたのが真ん中で踊っていてドラマにも出ていた中島裕翔……

ではなく、その横で小さな体で一生懸命大きく踊っていた、のちの絶対エース 山田涼介である。

 

こうやって改めて振り返ると、9歳のころのわたしはめちゃくちゃ男を見る目がある。(自分で言う)

 

さて、それからというもの、わたしは嵐ファンの叔母からジャニーズを学び、BSが見られる祖母の家に通い少クラを見て、雑誌を買う毎日を過ごした。

 

そしていつの間にか、自担の所属するグループがHey!Say!JUMPと名付けられ、デビューしてから10年の月日が経っていたのである……

 

初めて行ったコンサートのことや、なかなか芽が出ないじゃんぷを応援し続けた日々、中学時代の痛い時期、高校時代にじゃんぷが推され始めたことについても書きたいが、キリがないので また改めて書くことにしたい。

 

そんな人生の半分以上をジャニヲタとして過ごしているわたしも、現実世界では普通に学生時代を過ごし、普通に受験をして大学生として生きている。

そのジャニヲタの受験生活についても書きたいことがあるので別記事で書きたいと思っている。

 

 

そして、NYC boys の頃からジャニーズJr.も密かに応援している所謂 掛け持ちだ。

ずっと松村北斗くんを応援していて、北斗くん目当てで見たドラマ SHARK に出演していた平野紫耀くんを今は応援している。

ジャニーズJr.が第2の黄金時代と言われてる今、やっとKING以下のJr.も認識できるようになって、かわいいなあと思うのはHiHiJETの高橋優斗くん。

この辺のJr.界隈についても別記事で書きたい。

 

 

さて、そろそろ本題に戻ろう。

 

今や わたしのヲタ友となっている友人だが、元々は邦ロック好きな普通の女子大生だった。

 

そんな彼女とは大学で出会い、一緒にいる時間いる時間が長い所謂いつメンというやつだ。

一方、わたしは福井の大学に来てからジャニヲタの友達がおらず、語りたくて語りたくてたまらなかった。

そして我慢できなくなり、山﨑賢人くんなどイケメン俳優も好きでイケメンに共感しくれそうな彼女にだんだんとじゃんぷの魅力について吹き込んで行ったのである………

 

おそらく彼女がじゃんぷ沼に足を踏み入れたのは『Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival』のDVDを見せたときからだろう。

多くの人が沼に落ちたであろうこのDVDに彼女も同じく落ちて(堕ちて)いったのだ。。

参照 ベストバイ部門第2位(1232ポイント獲得) | ジャニーズ楽曲大賞2016

 

去年、このDVDの前は右足の親指くらいまでしか沼に浸かっていなかったのに、DVDを見てからふくらはぎくらいまで浸かった彼女を連れて 『Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.』名古屋に参戦した。

 

そして本物のJUMPを初めて目の当たりにして、すぐそこで動いている彼らを見て、彼女は頭の先まで完全に沼にハマっていったのである………

 

1部に参戦したのだが、帰るときに2部にも参戦したがっていたし、翌日にはファンクラブに入会する行動力………

 

 

そんなこんなで、今まで他G担の友達や、ネッ友と参戦していた私にとって 初めてのヲタ友ができた。

 

が、しかし、この沼は一度ハマったらなかなか抜けるのが難しい。

ましてや今まで普通の女の子として生きてきた子を大人になってからジャニヲタにさせた身としては 彼女の人生をじゃんぷと共に変えてしまったので責任感を感じると共に、じゃんぷの魅力と影響力を再確認した。

 

 

彼女とは服の趣味も、食べ物の趣味も合う。

何よりめちゃくちゃ良い子で、一緒にいて楽すぎる。

そんな彼女とジャニヲタ、しかもじゃんぷという共通点ができて、君と同じ時代に生まれて、同じ場所で生きてるわたしはツイてる と改めて感じた深夜1時。(誕生日LINEみたいなこと書いてる)(小っ恥ずかしい)(ありがとう)

 

 

追伸 ちなみに、彼女は最近じゃんぷだけでなくジャニーズJr.の沼にもハマり始めている。しかも東京B少年というわたしがあまり知らない世界………

今度はわたしが知らない世界を彼女から教えてもらっていて、少し前からしたら考えられないし、不思議だなあと思いつつも、とても嬉しいと感じる今日この頃………

 

 f:id:sugar83honey:20170625013032j:image

 

誕生日プレゼントは………

 

 

ツイッターの140字という短いような長いような字数の中で生きてきた私がブログなるものを書いてみようと思った理由、それは、、

 

Hey!Say!JUMPが

福井にやって来る

 

それだけかと言われてしまえばそれだけなのだが、私にとっては【一大事】だ。

そんな一大事な1日をどうしても記録に残しておきたいと思い、文章にしてみた。(一大事すぎてめちゃくちゃ鮮明に覚えていた)(記憶のほとんどが2017年5月9日)

 

 

10周年という大事な年なのにツアー発表もされず、近い距離という言葉は嘘だったのね?!嘘つく人は嫌いよッ?!とヘソを曲げていた自担の24歳の誕生日にメールが届いた。

 

……Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2017????

 

公演スケジュールのリンクを開くと

 

…福井?????なーんだ福井かあ。

………ふくい?!?!?!

 

漫画でしか見ないリアクション。しかも1人で声に出して。

 

何回もメール画面に戻ってリンクを開くという謎行動を繰り返した。

 

申し訳ないけど1週間の楽しみにしているヒルナンデスどころじゃなくて、その日は私の地元でのローカル線ロケだったが全く記憶にない。

すまぬ、だいき。

 

 

30分ほどして、やっと現実が受け止められたところで 友人に知らせなければ!! と思い立ち、友人のバイト先に乗り込んだ。

その友人については度々登場すると思われるので別記事で書こうと思う。

 

まずツアー決定したことを告げるとバイト中にもかかわらず大きな声を出してナイスリアクションをしてくれた。

友人「で、どこ?!」

私「……福井。」

友人「………。」

これまた100点満点のナイスリアクションだった。

そんな呆然としている友人を置いて私は授業に向かった。

 

 

が、授業になる訳もなく、ツアー日程を書き出し、夏休み中にある実習の予定を考慮しながら自分が行けるところに丸をつけていった。

 

そもそも、今年のツアーは遠征する気満々だった。

10周年だし、来年就職試験あるし、最近やっとフットワーク軽くなってきたし、なによりヲタ友ができた。

 

北海道や沖縄などさすがに無理なところは除いて、横浜でも大阪でも広島でも、じゃんぷのためならどこへでも!!という気持ちになっていたのである。(事務所の犬)

 

特に宮城のセキスイハイムスーパーアリーナなどの狭い会場には絶対に行きたかった。

だってじゃんぷが近い距離でって言ってたんだ…もん!!(いつかのいのちねじゃん)

 

ところがどっこい(古い?)、広島がないだって?!宮城もないだって?!そして何故名古屋がない?!?!

 

ところがどっこい(2回目)、和歌山だと??

……いや、和歌山ってどこやねん。

 

和歌山ビッグホエールでググった途端、私は和歌山が大好きになった。

キャパ8500???   狭すぎる。

大阪の少し先??   余裕で行ける。

 

ツアーどこに行きましょうかランキング(ネーミングセンス)において急上昇した。

 

ここまでで、福井と和歌山の申し込みが(私の中で)決まった。

 

 

続いて、実習の予定を考慮して行けないところを削る作業をした。

 

8月後半から9月半ばまであるため、三重は余裕で行ける距離だし、初めて行ってみたかったが泣く泣く削った……

 

そして、シャワーの水圧が良いという大阪もギリギリ実習が始まっているため号泣しながら削った………

 

そして横浜もじゃんぷのホームだし、10周年で何かしらあると思うので絶対に絶対にぜ〜〜ったいに行きたかったのだが、ギリギリ実習が終わっていないため削った………

 

 

残るは福岡と静岡と北海道である。

 

まず、静岡だ。静岡は遠いイメージだったのだが、高速で3時間ということでそこまで遠くなかったし、意外と今まで行ったことがなかったのでぜひ行きたいということで友人に意見を求めることにした。

 

次に、福岡だ。福岡も行ったみたかったのだが、福井から1週間も経っていないということ、新幹線を使わなければならず交通費が結構かかることから削った。

 

最後に北海道だ。オーラスだし、普通に北海道に行きたかったのと、いくらが食べたかったのと、サッポロビールが札幌で飲みたかったので()北海道は行ったみたいと考えて友人と要相談ということにした。

 

そんな脳内1人会議をしていると授業も終わり、すぐに友人宅に駆け込んだ。

 

そこで先ほどの脳内1人会議の結果を伝えたところ、あっさりと静岡と北海道も申し込もうということになった(^_^)

 

ということで、申し込む会場は

福井!静岡!和歌山!北海道!に決定したのである。

 

 

そしてヲタクが次にやるべきこと!!

それは………ホテルをおさえることである。

 

ツアー発表があった日の夕方には福井のホテルがなくなり始めているとツイッターのタイムラインで見た。(お盆ということもあるだろう)

 

遠征にはホテル確保は死活問題だ。

 

ということで、他称ホテル検索の名人の友人はホテル確保担当!、私は交通費を調べる担当!

 

とりあえず無事にホテル確保ができたところで、やっと本日の主役である我が自担の誕生日をお祝いして怒涛の1日が終わっていった。。

 

 

f:id:sugar83honey:20170624205819j:image